勉強会

データサイエンスとニュースパブリッシングの融合を目指して -- SmartNews Tech Night Vol.3

  • 2015

スマートニュース株式会社でソフトウェアエンジニアをやっております、西尾と申します。自分はニュースアプリSmartNewsの配信記事を編成し、通知すべき記事を決定するアルゴリズムの開発をしています。ニュース記事の時事性・重要性・注目度などを自動的に評価するアルゴリズムを改良し、より良質な記事が配信されるようにすることが自分の役割です。現状のSmartNewsの記事編成は、専門性を持った人間による記事編成と比較してみるとまだまだ改善すべき点があり、これをいかに人間の結果に近づけ、そして越えていくか、ということに挑戦しています。

弊社ではSmartNews Tech Nightという勉強会を定期的に開催しております。もう2ヶ月以上前となってしまいましたが、2015年8月11日に行われた第三回目の勉強会は、”Data Science for News”というサブタイトルを持たせてメディアとテクノロジーをテーマにして開催されました。僕はアルゴリズム改良のためのヒントを得るために会場の端で聴講していました。この時のメモを元に本イベントの内容をご紹介いたします。

AWS Startup Tech MeetupでSparkについて話してきました

  • 2015

こんにちは。スマートニュース のYuyang Lanです。広告プロダクトのエンジニアをしています。

先日、AWSジャパンの篠原さん(@shinodogg)のお誘いでAWS Startup TechというMeetupに参加し、Apache SparkをEMRで運用してきた経験を簡単に紹介させていただきました。 資料をSlideshareで公開しておりますので、ご興味のある方は是非お読みいただけると幸いです。

SmartNews がデータサイエンスにおいて大事にしているポイントとは - AWS Summit Tokyo 2015

  • 2015

はじめに

こんにちは。
スマートニュース株式会社 の小宮です。広告プロダクトのエンジニアをしています。 先日の AWS Summit Tokyo 2015 で、同じく広告プロダクトのエンジニアである蘭とともに「SmartNews のデータサイエンティストの高速イテレーションを支える広告システム」というお話をしてきました。このエントリはそのご報告になります。 今回の発表では「広告システム」と「iterative なデータサイエンスによる改善」をトピックとして、AWS の各種サービスを弊社の広告プロダクトでどのように活用しているのかについてお話させていただきました。 特に、今回の発表では多く触れなかった「エモーショナル」な思い・考え方については、弊社の広告プロダクト責任者である渡部が 事前に 広げた風呂敷 投稿したエントリ に書いておりますので、こちらも合わせてお読みいただけると幸いです。

勉強会「第三回 物理と情報と幾何のインフォーマルかもな勉強会@スマートニュース株式会社」

  • 2013

スマートニュース株式会社の西尾です。10月1日よりメンバーに加わった新入社員です。

本記事のテーマは、先日弊社を会場として行われたセミナーです。弊社の新オフィスには40人程度収容可能なセミナー室があり、プロジェクターと壁一面のホワイトボードが備わっています。週末にはセミナー会場として提供し、交流の場として機能させたいと考えています。弊社が会場となった記念すべき第一回目のセミナーは、10月13日に行われた「第三回 物理と情報と幾何のインフォーマルかもな勉強会」でした。この勉強会は建築、物理、数学、情報の各分野の専門家の方々が各テーマを専門外の人にも分かりやすく紹介して下さるというものです。大学研究機関に職を持っておられる方々も参加されており、とても格式高い勉強会でした。また活発な議論があり雰囲気も良いものでした。私も会場スタッフとしてトークを興味深く拝聴させていただきました。

以下にてこのセミナーの各トークについてご報告させて頂きます。私の能力不足が原因で、以下の報告は解説と呼べるほどのものにはほど遠く、間違いも含まれてしまっているかもしれません。不備などありましたらご指摘を頂きたいと思います。

また主催者の深川さんのブログに資料がまとめられています。